堺泉北港開港50周年記念イベントを開催します!!

堺泉北港は堺市・高石市・泉大津市の3市にまたがる、南北14キロメートル、沖合10キロメートル、約9,000ヘクタールの港湾区域を有する港です。今年、その堺泉北港が開港してから、ちょうど50年になります。開港50年を記念して市民の皆さんと一緒にお祝いする記念イベントを開催します。


\堺泉北港のあゆみ/

かつて日明貿易や南蛮貿易で栄えた「堺港」と昭和以降に整備された「泉北港」が前身となっています。

昭和30年代前半から造成された堺・泉北臨海工業地帯の発展に伴い、堺港と泉北港は工業港として大きな成長を遂げ、昭和44年に両港は統合され、特定重要港湾「堺泉北港」となりました。

今日では、世界有数の経済規模を持つ大阪湾ベイエリアの一翼を担う国際拠点港湾として日本経済の発展に寄与しています。


堺泉北港の全景 (写真下部・泉大津市)

堺泉北港

  
   堺泉北港の発展の様子

堺泉北港発展の様子


\泉大津の港(現・泉大津旧港)のあゆみ/

かつては「小津の泊」、「小津の松原」、「小津の浦」と呼ばれ、和泉国の国府が府中におかれた奈良時代には、官人の船の発着場となりました。

近世には、遠浅の砂浜が豊かな漁場となっていましたが、明治の中ごろから毛布工業をはじめとする商工業の発展を図るため、昭和12年に、大津町(現泉大津市)によって大津港(現泉大津旧港)が整備されました。

平成に入り再開発が行われ、現在、マリーナや公園が整備され、レンガが敷きつめられた美しい景観が特徴の市民の憩いの場となっています。

                       泉 大 津 旧 港

泉大津旧港

日時

8月24日(土曜日) 午前10時から午後3時 (※テントブースは午後4時まで)

会場

泉大津旧港エリア(なぎさ町8-1)

主催

大阪府・泉大津市・堺市・高石市

参加費

無料

イベント内容

☆ ステージイベント(午前10時から午後3時)

 記念式典・地元有志団体によるパフォーマンス・ダンス・チアリーディング・
 バンド演奏など多数予定
 

☆ ブースイベント(午前10時から午後4時)

 飲食・物販・企業PRブースを展開
 

☆ 航海イベント(午前11時~・午後12時30分~・午後2時~)

 うずしお観光船「日本丸」※によるクルーズ

  (乗船受付は終了しました)

 ※日本を代表する練習用帆船のレプリカ船
 

☆ シンポジウム(午後4時~午後5時)

 ホテルきららリゾート関空にて
 「世界のクルーズ業界動向と発着・寄港港の要件」
 と題してシンポジウムを開催 ※要事前申し込み

留意点

※会場には、駐車場がありません。車での来場はできませんので、ご了承ください。

※駐輪スペースには台数に限りがあります。

 泉大津駅西口ロータリーより会場まで無料シャトルバスが運行します。

  (午前8時30分から約10分間隔で運行)

 当日は、混雑が予想されますので、時間に余裕をもってお越しください。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
地域経済課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。